2015年7月開催LR小川会計MGレポート

平成 27年7月9日・10日、神奈川県横須賀市にある佐島マリーナにて「マネージメント・ゲーム」(以下、MG)が開催された。

前日までの雨もあがり、横にはヨットが係留され、後ろは海、波の音に包まれた最高の環境の中で2日間MGをすることができました。感想文で来年以降もここで開催して欲しいという要望もあり、今回この会場を選定したことは間違いではなかったとホッとしています。

MGが開発された当初(昭和 51年)のシニアコースがこの佐島マリーナにて開催されていたとの話しを西先生から聞き、時間を超えて何か繋がった感じがしました。

【ゲームについて】

参加者は 21 名、100期以上 11名、 99 期以下(5期以下除く)6名、5期以下4名というバランスとなっており、経験の少ない初心者は、ゲームの進行のスピードに少し戸惑ったかもしれません。ただし、実際の社会ではじめてのこと経験の少ないことを行う場面に直面することも少なからずあるのではないでしょうか。

そんな体験をゲームとはいえ経験できるのは「いい経験」と思ってもらえればと毎回思っています。どんなベテランも初めてがどんなに大変なことかわかっていて、いつでもサポートできる準備はしているのです。

参加者 21 人の平均期数は199期でした。最終的な自己資本の平均は450(817~72 )となっており、全体的にみるとバブル期のような活況な市場が形成されていたように思われます。
《PQ推移(平均)》2期:354/3期: 667/4期:1219/5期:1519

【交流会】

交流会では、恒例のマイツール事例発表が行われ、実際の会社の事例を使って自主的に発表が行われました。

これは凄いことで、MGを通して培われた人間関係がなければ絶対出来ないことなのです。その後は自分の宿泊部屋にプロジェクターを持ち込み、時間制限なく続きが行われた。(決して、部屋に帰るのが面倒とかいい話を聞き逃したくないとかではありません)

MG・マイツールを共通の基盤として異業種なのにワイワイガヤガヤと意見交換が行われる光景を是非体験してもらいたいものです。

【Y理論・人間形成】

西先生はY理論について講義で熱く語られました。話を聞いてあらためて感じたことは、このMGの中にY理論が散りばめられているということ。自分ではまだまだ実践できていないことも多く、考えさせられた講義でした。

MGを続けていくことは、「わかった気になっていたこと」に気がつくこと、つまり、ゴールドラット博士の主張していた、

「4つの信念」
①ものごとはそもそもシンプルである
②人はもともと善良である
③ウィン・ウィンは常に可能である
④わかっているとは決して言わない「Never Say I Know」

だけ を心がけるだけで、あらゆることから学ぶ機会が得られ、充実した人生を送ることができる」が身につくようトレーニングすることであると気がつきました。MGは奥が深い。

最後に、お手伝いしていただいたみなさま、ありがとうございました。そして、 I さん500期おめでとうございます!

(常務取締役 小川 剛司)

MG研修(マネジメント・ゲーム)への参加はこちら

 


神奈川県川崎市で税理士・社会保険労務士をお探しなら

LR小川会計グループ

経営者のパートナーとして中小企業の皆さまをサポートします


お問い合わせ