融資の種類

金融機関が行う融資の方法は、大きく分けて四つあります。

「証書貸付」「手形貸付」「手形割引」「当座貸越」です。

それぞれの融資の特徴について解説します。

❖ ❖ ❖ ❖ ❖ ❖ ❖ ❖

1 「証書貸付」

証書貸付とは、貸付金額、弁済期日、利率、返済方法などの貸付条件を記載した借用証書(金銭消費貸借契約書)を差入れて行う貸付です。

証書貸付は、設備資金や長期の運転資金調達の際に利用されます。

金融機関融資の大部分がこの証書貸付であり、最もポピュラーなものかと思います。

2 「手形貸付」

手形貸付とは、借入用の手形を差入れて行う貸付です。手形貸付は、貸出期間が1年以内の短期の借入に多く利用されます。

3 「手形割引」

手形割引とは、企業が受け取った商業手形を金融機関が買い取ることで行う融資です。

厳密には、手形の買取であり貸付とは違いますが、金融機関では融資の一つとして位置付けられています。手形が不渡りにさえならなければ、貸し倒れになることがないので、通常の融資よりリスクは比較的小さいとみなされます。

4 「当座貸越」

当座貸越とは、あらかじめ取り決めた限度額までならいつでも自由に資金を借りたり返済したりすることのできる融資方法です。

企業にとってみれば自由に借りる・返すを決められますし、借りっぱなしで返済しないことも可能です。そのため、金融機関にとってみれば回収できないリスクが高くなるため、当然に融資の審査は厳しくなります。

中小企業において、当座貸越契約を取り交わすことのできる企業は〝超優良法人〟に限られます。

❖ ❖ ❖ ❖ ❖ ❖ ❖ ❖

それぞれの融資の特徴を知ったうえで、資金用途や期間、自社の状況に合わせた最良の融資方法を選択することが重要です。

また、金融機関に対し自社の情報を適切に開示することに努める必要もあります。

相互に理解したうえで、どの融資方法が企業にとってベストなのか検討できれば一番良いのかと思います。

 


神奈川県川崎市で税理士・社会保険労務士をお探しなら

LR小川会計グループ

経営者のパートナーとして中小企業の皆さまをサポートします


お問い合わせ