クローバー通信 No.149

低金利が続き、定番の学資保険や貯蓄保険は予定利率が下がり、返戻金が100%を切ったり販売を縮小している中、代替商品として外貨建て保険を勧めるケースが増えています。今回は外貨建て商品の特徴や注意点をみていきましょう。

1 外貨建て保険とは?

外貨外貨建て保険とは、積立金の支払いや受取りを外貨で運用する保険を指します。終身保険・養老保険・個人年金保険などがあります。

日本より金利が高い外貨で運用する事により、通常の円建ての生命保険に比べて運用利率(積立利率)を高く設定する事ができ、貯蓄性の高さがセールスポイントです。
円建て商品との大きな違いは、為替変動により、利益を得る場合も損失が出る場合もある点です。保険金は外貨ベースで保証されても、円に戻すと払込額を下回る場合もあります。貯蓄というより積極的な資産運用商品と理解しておきましょう。

2 外貨建て貯蓄保険のメリット・デメリット

外貨♥ メリット

① 円建てより予定利率が高い
② 契約時より円安になれば受取金額が増える(為替差益)
③ 日本円の価値が低下するインフレリスクに備えられる

♠ デメリット

① 為替により支払う保険料が高くなることがある(変動する)
② 契約時より円高になれば元本割れする場合がある(為替差損)
③ 為替手数料がかかる(日本円と外貨の両替:保険料支払時、保険金受取時など)
④ 途中解約すると元本割れすることがある

途中解約のリスク

高い利回りの保険の多くは「低解約返戻金型」の商品で、10年未満に解約すると、払込保険料より解約返戻金が少なく元本割れする事があります。
数年だと半分程度しか戻ってこない場合も。
余裕資金や予定資金の一部を充てる方が良いでしょう。

3 為替の影響

計算払込時期・受取時期の為替相場により影響を受けます。

◆ 保険料支払時 ◆

一時払い保険

まとまった金額を払い込むため特に大きく影響します。
円高で加入し今後の円安が予想されるタイミングがベストです。期間も長く予想が難しいため、どこまでの円高になるとマイナスになるか損益分岐点を確認すると良いでしょう。

積立保険

支払う保険料が毎回変動します。ドルコスト平均法により高値掴みはしにくいのですが、急な変動により保険料が大きく変わり家計にも影響する可能性があります。

◆ 保険金受取時 ◆

受取時期に払込時期より円高になっていると保険金が払込金額を大幅に下回る事もあります。保険金を外貨のまま保有し、為替のタイミングをみて日本円に戻す事ができる商品か確認しましょう。

外貨建て保険

まとめ

この低金利下で、魅力的な学資保険や終身保険がなく、代わりに勧められる事があります。一般的にはハイリスクハイリターンの商品ですので、絶対に元本割れしたくない人や、為替の変動リスクがよくわからない人は避けた方が良いでしょう。
外貨預金がある場合、保有する外貨口座より保険料の支払いができる商品もあります。

掛け捨て定期保険投資信託(外貨・海外債券運用)
外貨建て保険を分解すると上記の組み合わせで代用する事ができます。
教育資金ならジュニアNISA、老後の備えならiDeCoなどの確定拠出年金を利用すれば、解約しにくく強制的に貯まるしくみが保たれます。保有する保険と金融商品を確認し、不足する部分を補うような商品選びをしてはいかがでしょうか?

 

 

~ファイナンシャル・プランナーの相談室 Live in Clover~クローバー通信

クローバー通信は、働く世代の自営業者やサラリーマンとそのご家族の皆さまの応援団として、家計に役立つ情報をお届けしてまいります

〒213-0001 川崎市高津区溝口2丁目13番8号 第7丸貞ビル4F
◆ 土・日 祝日休み
TEL 044(844)7018 FAX 044(844)7028
E-mail fp-clover@lrm.co.jp

ファイナンシャル・プランナーの相談室は、『LR小川会計グループ』が運営しています。

OFF研究会セミナー

次回
12/15(金)14:00~15:30

 

(11月のOFF研究会はお休みです)

ファイナンシャル・プランナーの相談室 Live in Clover
〒213-0001 川崎市高津区溝口2丁目13番8号 第7丸貞ビル4F ◆ 土・日 祝日休み
TEL 044(844)7018 FAX 044(844)7028
E-mail fp-clover@lrm.co.jp


神奈川県川崎市で税理士・社会保険労務士をお探しなら

LR小川会計グループ

経営者のパートナーとして中小企業の皆さまをサポートします


 お問い合わせ