タグアーカイブ: 融資

金融機関が見ている格付け評価のポイント

作者: lrm 日付: 2017-06-10

金融機関から資金を調達する際、金融機関はあなたの会社のどこを見ているのでしょうか。 まず、金融機関へ借入の申し込みをすると、金融機関は審査に入ります。決算書から企業の格付け評価を行い、資金調達目的や金融機関との取引状況、 […]

決算書と銀行融資

作者: lrm 日付: 2016-06-09

よほど優良な企業でない限り、資金繰りには頭を悩ますもの。売上は計上できても、回収が2カ月サイトから3カ月サイトの手形の決済となったら、運転資金は増加します。ここで銀行からの借入の必要が出てくる訳です。

預金利息「5%」の政策を

作者: lrm 日付: 2015-07-01

長寿社会の到来 〝預金金利5%をつけられる政策 を〟なんていうと気が狂ったのではないかと思われるであろう。 しかし、よくよく考えてみると長寿社会はお金に働いてもらわなければ成り立たない社会なのである。長寿社会は人間として […]

赤字は悪か?

作者: lrm 日付: 2015-03-01

平成 27 年度税制改正 平成 27 年度の税制改正大綱が発表 された。その目玉の一つに法人税率の軽減がある。法人税率の軽減は中小企業にとっても嬉しいことではある。しかし、一方で減税の代替財源として外形標準課税の強化や繰 […]

起業をしやすく

作者: lrm 日付: 2014-10-01

贈与税オンパレード 平成 27 年度の政府予算の概算要求の時期がきた。この時期になるとい ろいろな税制についても要求が出される。 アベノミクスの成長戦略がこれから本格的に法令化、予算化されてくるのであるが、成長戦略の一環 […]

個人保証が要らない制度を考える

作者: lrm 日付: 2014-03-01

WEDGEの記事から WEDGE2月号に、「倒産からの復活」として政府の「再チャレンジ 懇談会」に出席した横田 信一郎氏の話が次のように出ていた。 「横田氏は、安倍首相の前で中小企業相談の充実と連帯保証制度の大変さを訴え […]

長寿社会の矛盾

作者: lrm 日付: 2012-08-01

長寿社会を考える 6月 16 日の日本経済新聞の「90歳を生きぬく自分年金」、 WEIDGE8月号「高齢者を若返らせるスイスの発想」という記事を見て、長寿社会について日ごろ感じていることをピックアップしてみようと思い、今 […]

税と社会保障の一体改革②

作者: lrm 日付: 2012-04-01

国会の論戦を通じて 「税と社会保障の一体改革」については昨年 12 月号で述べたところであるが、国会の論戦を聞いているとおかしな議論をしているので重複気味だが二つ取り上げることにした。 一つは全額税負担による7万円基礎年 […]

地場産業の復興を急げ

作者: lrm 日付: 2011-06-01

ある税理士の会合での報告 先日、全国の税理士の集まりがあり、仙台の税理士からも報告があった。仙台の2万件の事業所、1事業所当たり5人、約10 万人の雇用のうち、今回の災害により8万人の失業保険の申請があったとのことである […]

新しい中小企業金融のあり方を求めて

作者: lrm 日付: 2010-09-01

改正貸金業法の施行 改正貸金業法が6月18 日に完全施行された。上限金利の制限と貸し金の総額規制である。いまま でこれらのローンを利用していた小零細企業に融資していた貸金業者は三分の一にまで減少し、利用していた中小企業者 […]