物事を進めていくときに、目的を明らかにすることが大切です。日常の場面で、目的を意識して行動ができているでしょうか。

♥仕事の指示の目的

例えば、上司からこれをやってくださいという仕事の指示を受けた時、何も考えず言われた通りやるのと、目的を確認してそれを意識しながらやるのとでは仕事の仕方が変わってきます。後者の方が、働く側もやりがいがあり、質の良い仕事ができるように思います。

指示を与える側の皆さんは、仕事の指示と同時に目的もお伝えいただけていますでしょうか。もし部下から「目的はなんですか?」と聞かれたら「そんなことは知る必要がない」などと言わずに、どうぞできる範囲で説明をお願いいたします。

♥お客さまからのご依頼の目的

あるとき、お客さまからこんなことできる?とご相談を受けた時に、目的を伺わずにこちらの思い込みで税金対策などについて調べてから報告すると、実はお客さまは違うことを目的とされていたということがありました。私たちの仕事は税金面でご相談を受けることが多いですが、税金が安くなった=お客さまの幸せとは限りません。お客さまの真の目的は何なのか、幸せな着地点は何なのかをしっかりと確認する必要があるのだなと感じました。

皆さんがされている様々なお仕事の中でも同じようなことがあるかもしれません。お客さまの求められていることは何かをその都度確認し、お客さま満足度をアップしていけば売上アップにもつながるでしょう!

♥働く目的

私たちはみんな一生懸命働いていますが働く目的は人それぞれ。いろんな事情があり、今の目的と将来の目的はどんどん変わっていくものだと思います。

仕事をしてお金をいただくということは誰かの何かの役に立っているのだろうし、仕事の経験は自身の成長につながっているはずです。今、それを実感できないで悩んでいる人もいると思いますが、のちのちあなたの糧となっていることでしょう。

♥一番大切なもの

大切な人たちとの生活のためにという目的で始めた仕事なのに、時が経つと仕事への責任感のあまり、また近すぎる人への甘えもあり、一番大切なものを見失ってしまうことがあります。

是非、今一度立ち止まって、自分にとって本当に大切なものは何かを考えてみてください。

 

 


神奈川県川崎市で税理士・社会保険労務士をお探しなら

LR小川会計グループ

経営者のパートナーとして中小企業の皆さまをサポートします


お問い合わせ