ボランティア活動の進化方法

毎年恒例『夏休み子ども1日文化体験』を8/9(火)に実施しました。今年で8回目になります。保育園児・幼稚園生から小学生まで子ども33名、保護者を合わせると約60名の参加があり、講師の吉田哲治さんとボランティアスタッフ4名で対応しました。

3年前から実施内容の記録を残すようにしています。何をしたか、道具は何を使ったか、時間はどれぐらいかかったか、良かった点は何か、起きた問題は何か、その対処法はどうだったか、など。当日は活動が始まってしまえばあっという間に2時間が経ってしまいます。楽しく充実した時間で、その場では色々なことに気づくのですが、1年経つとほとんど忘れてしまいます。そこで、記録をとることにしました。

簡単でも記録があれば次の年の準備がスムーズに進みます。「今年はこれで改善してみよう!」というアイディアも浮かびます。毎年活動の進化を実感するので、(初めの年からやっておけばよかったなあ…)と反省しています。1年に1度のイベントでもこうなのですから、毎日の出来事を記録にとり続けたらどれだけ進化することか…今からでも遅くない、始めてみようかなぁと、記憶力の悪い私は思うのでした。

ふれあい囲碁ふれあい囲碁

 

ふれあい囲碁

【お問い合わせ】

㈱LR小川会計 川本 祐司
(ふれあい囲碁ネットワーク   神奈川 事務局兼任)

TEL 044-811-1211(代) / FAX 044-811-1212
mail : fureaikanagawa@yahoo.co.jp

 


神奈川県川崎市で税理士・社会保険労務士をお探しなら

LR小川会計グループ

経営者のパートナーとして中小企業の皆さまをサポートします


お問い合わせ


 

ボランティア活動の進化方法” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。